精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の薬剤師 >> 精神科病院の薬剤師の仕事内容・役割

精神科病院の薬剤師の仕事内容・役割

精神科病院での投薬治療は、現代の医学では欠かせないものになっています。心理療法、行動療法など様々ある中、投薬は基本であるため、精神科病院では院内薬局勤務の薬剤師を雇用しています。院外処方の調剤薬局と院内薬局には大きな違いがあります。クリニックなどは、院外調剤薬局で処方薬を購入するように患者に指示しますが、この場合は薬局が薬の説明はするものの、その処方量(容態に合わせた量の増減)などは指導しません。医師の指示通りの薬剤を提供することになります。

ところが、院内調剤の場合は、病院として薬の提供をすることで、患者へより積極的な療法を行っていることを意味するのです。これを服薬アドヒアランスと称する場合がありますが、まさに患者、医師、薬剤師の三者がお互いの信頼関係で結ばれていてこそ、患者が薬を服用する行為に至る、というスムーズな流れを作る業務が、薬剤師に期待されています。精神科でならでは、という一面が服用アドヒアランスともいえ、精神科患者の療法に非常に有効とされるのです。これはまさに精神科薬剤師でしか得られないやりがいともいえましょう。患者が医師の指示通りに服用することからが、治療の第一歩であり、拒否し続ける患者との信頼を作り、服用へと成功することで、前向きな治療が始まるわけです。

精神科薬剤の特徴は「粉」であることです。そもそも投薬治療を拒否したがる患者、あるいは認知症などで誤嚥の可能性が高い患者の場合、粉状であるほうがあらゆる面でメリットがあり、また食事に混ぜるなどの策も有効となります。ただ、錠剤と違い、識別記号などが粉砕されてしまいますので、間違いがないように調合しなければなりません。そのため、通常の調剤薬局とは違う緊張感があるのは確かです。また、院内患者だけでなく、外来患者の処方も扱う場合は、非常に多忙になることがあります。ですが、最近は院外と院内を分け、院内のみの病棟患者専用に処方する業務に移りつつあります。多忙さからの開放で、薬剤事故を防ぐためです。こうした条件の改善もぜひ、転職サイトのコンサルタントにお聞きになるとよいでしょう。

薬剤師は、服用の仕方、誤嚥の回避などを患者に指導する役割も担っています。ひとりの患者に対して短時間で服薬アドヒアランスが構築でき、治療も短期間で済むことで、社会も国も、病院もそして患者にも大きなメリットが出てきます。ひとりでも多くの患者に投薬療法の効果を上げられるように力を注ぐのが、精神科病院の薬剤師なのです。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.