精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の薬剤師 >> 精神科病院の薬剤師の年収・給料

精神科病院の薬剤師の年収・給料

精神科病院に勤務する薬剤師は、病院の正社員扱い、または派遣会社(人材紹介会社)からの業務委託のケース(パートも含む)があります。精神科病院は全国にありますが、院内調剤薬局の形を取りますので、患者や家族からは病院スタッフの一員として見られます。年収は300万円前後から450万円以上と振れ幅が大きい相場になり、経験年数で昇給するところが多くなっています。給料は、月々25万円から30万円以上という数字が公に出ています。実際には、精神科病院勤務は、院外調剤薬局やドラッグストアの薬剤師と年収で差があまりない、というのが真実のようです。

精神科病院の薬剤師の場合、単に薬剤管理、調剤だけではなく、集団ケア(服用研修)なども行うことがあります。また、書類関係が非常に複雑な場合もあり(精神障害者の場合、医療費がかからないことが多く、医療ケア手帳などの確認などが必要になることも)、請求先が複数に及ぶことが考えられます。伝票関係は院内、外来関係なく生じますので、ひとりの薬剤師が受け持つ患者数が多ければ、仕事量は増加します。このため、最近は外来患者は門前薬局(いわゆる病院に隣接、あるいは近くにある調剤薬局)で薬を購入するケースが増えています。

薬剤師の多くは患者とのコミュニケーションを専門に学んでいないのですが、精神科病院ではまさにコミュニケーション能力が必要です。患者の多くに薬への抵抗感があるといわれ、また薬剤師が投薬を強く指示したことで、反発度が増す患者のケースも見られます。ですが、逆に信頼関係が構築できれば、非常に頼りにされ、薬剤師としての仕事に「医療人」としての責務も生まれて来るようです。

給料について、考えるならばやはり精神科病院ならではの「スタッフ慰安旅行」「患者、医師、看護師などと協力、地域住民連携によるイベント開催」など、一般の薬剤師では得られない体験が待っていることでしょう。もちろん全ての精神科病院にイベントがあるわけではありませんが、病棟内の壁新聞、あるいは患者さんとのコミュニケーションボードへの参加など、スタッフとしての関わりで、患者や家族から感謝されることも多々あります。社会的に必要であり、使命感ばかりではなかなか大変な面がありますが、給与の額以上の価値のある業務を行っているのが、精神科病院の薬剤師、といえるでしょう。まずは様々な病院をのぞいてみること、それには転職サイトへのアクセスが窓口です。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜薬剤師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.