精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の看護師 >> 精神科病院の看護師の勤務時間

精神科病院の看護師の勤務時間

精神科病院は他科の病院同様の勤務シフトを採用しているところがほとんどです。ですが、始業時が8時50分ないし9時というところが多く、17時30分で日勤終了としているところが基本です残業はなく、夜勤が16時50分から翌朝9時20分という2交代制の例を見ても分かるように、始業時間が他科よりも40分から50分遅いため、朝食、通勤時のラッシュ、あるいは子供を抱える看護師にとってはゆとりある出勤が可能です。また、残業がないのは夜勤開始が早いことによります。例えば、5時過ぎは夕食の配膳の時間帯ですが、精神科病院はチーム制を取り入れていることから、看護助手を勤務体制に加えることで、定時に終業できるようにしているのです。

残業がなぜあるのか、ということを考えてみましょう。多くの病院は患者を多く受け入れ、その診療報酬で経営基盤を立ててきました。ですが、そうすることでひとりの看護師が多くの患者をケアしなければならなくなります。そのため、国では看護師ひとり、に対して患者数13人を基本数とし、患者数が減ることで(つまり看護師の割合が高くなることで)、診療報酬加点を定めています。つまり、病床数は限られていても、看護師数の割合が高ければ、経営的にメリットがある、という方向性です。ですから、看護師の勤務時間を考える上で、残業が本当にないのかという疑問は、患者数と看護師数の割合を聞けば、納得が行くでしょう。

休日出勤がある病院は多いのですが、これも看護師の数、そして看護師の年齢層が固定していないことが重要です。60代が多い、50代と男性ひとり、などというところもありますが、できれば20代からシニア層へと幅広い年代が勤務していることで、休日出勤を上手く取ることができるようです。これは、年代の違う看護師が数多くいることで、お互い協力しあう、知恵を出し合う、あるいはお互いの家庭環境に配慮する、といったチーム精神が生まれてくるから、といいます。有給休暇など取れない、という病院もあれば、しっかり取ることができる病院もあります。そもそも、大規模精神科病院には夏祭りや盆踊りといった、地域社会に根ざしたイベントが計画されるものです。自ずから、休日に出勤することもあるのですが、代休をきちんと取得できるかどうか、転職を考えている方は専門サイトから情報を得ていきましょう。バーンアウトしないように、ご自分に合う病院をぜひ見つけて下さい。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.