精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の看護師 >> 精神科病院の看護師の年収・給料

精神科病院の看護師の年収・給料

看護師の年収、給料は病院の経営状況でかなり変わりますので、一概にいくらとは言えませんが、精神科病院は他科の病院よりも「若干高い」といえます。根拠としては、2つ上げられるでしょう。まず精神科病院の個性です。急性期患者を受け入れる場合、患者によっては薬物依存やアルコール依存で、せん妄状態になっているために、予想外の行動に出ることがあります。このため「危険手当」との名目で給与に上乗せがある場合が多い、ということです。また、一般的なイメージ「精神科病棟は閉鎖病棟…」が看護師研修生にもいまだに引きずっているため、看護師待遇を改善している面があるのです。

実際の病棟を見学された方はお分かりだと思いますが、現在の閉鎖病棟は一次的な措置入院として「人権に配慮」された環境を前提に作られています。多くの病院が患者の衛生管理に努め、環境も非常に清潔になっているところが多くあります。また、容態の変化に伴い、オープン化した空間で療養していく施設が増えていますので、看護師にとっては「ゆとりのある」看護業務になっている、という面も注目点です。つまり、給与が月24万円と仮定した場合、一般内科24万円の看護師給与と精神科24万円の看護師給与ならば、額面は同じですが、常に新規患者を受け入れるわけではないので、マイペースで業務にあたることが出来る、というメリットがあります。同じ24万円でも、残業がない、定時に帰宅できる等の点から「他科よりも恵まれている」と感じる看護師の話は、事実なのです。

一例で見ますと、基本給23万に諸手当があって、手取り25万円から、という県もありますし、フル込みで40万円という首都圏の病院もあります。平均値は難しいのですが、年収が300万のところから550万というところまで様々です。勤続年数が多いほど、昇給していきますが、夜勤をこなすことで、手当が増えるため積極的に夜勤に付く男性看護師も多く見られます。ただ、転職を考えている看護師の方々には、経験年数とスキル、精神科での勤務という動機がしっかりしていなければ、採用されなくなってきました。これは、待遇面を良くするかわりに、しっかりとした人を採用したいという経営者側の考え方が浸透してきたからともいえます。基本給のあり方は、まず経営者の理念がしっかりしているのか、病院単独経営かそれとも老人福祉施設が併設してあるのか、あるいは訪問介護センターなどをもった複合の施設かどうかを見て、給与と照らし合わせて判断するのがよいでしょう。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.