精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の看護師 >> 精神科病院の看護師求人の探し方

精神科病院の看護師求人の探し方

精神科病院は全国的に数が不足しており、新しく建てられる専門病院は、都市部よりも郊外に大規模な病棟を構えるケースが増えています。ただ、都市部でもスーパー救急指定の精神科病院の創設が求められ、わずかですが病床数を数十に限定した短期入院型の病院も出来始めてはいます。このように、精神科病院にも患者の容態、病変に対応できるケース、出来ないケースに分けられはじめていますので、求人情報だけを頼りに転職に応募するのはおすすめできません。

精神科病院は、個性が非常に強いと考えましょう。薬物依存、アルコール依存の患者を受け入れる病棟、発達障害、思春期障害といった幼少期患者を受け入れる病棟、せん妄の度合いが強い患者を受け入れる病棟、そして認知症の症状をメインに臨床する病棟など、さまざまな病棟看護があります。例えば、措置入院で閉鎖病棟に移送された患者へのケアは、最も重要な看護ですが、 イメージで病棟勤務を考えるよりも、実際に転職のアドバイザーに現場を案内してもらってから判断するのがよいでしょう。

アドバイザー、すなわち転職サイトに登録しますと、転職の専門家であるコンサルタントと面談をすることになります。コンサルタントは、病院の特徴から経営状況まで詳しく把握しているため、どのような看護師にどのような職場勤務をして欲しいのか、という病院側の希望を理解しています。また、実際に現場を案内することで、病院内部の様子がわかりますから、コンサルタントの力を借りるのは大事なことだといえます。

閉鎖病棟でも、例えば患者が清潔な環境でいるのかどうか、患者自身が清潔であるかどうか(衣服、髪、歯など)ということで、病院の質がわかってきます。また、看護師の年齢層にも着目してみましょう。認知症患者は高齢化と共に合併症を患うことが増えてきます。看護師が60代、70代ともなれば、入浴、排泄ケアはなかなか体が持たなくなる場合が考えられます。若い看護師、30代、40代、あるいはシニア層の看護師など、雰囲気がよく年齢もばらつきがあれば、時代にあった看護の共有化が図れます。また、男性看護師があまりにもくたびれているようならば、なかなか体力的に大変なことがわかります。そのためにも、ほっとできるような空間が病棟にあれば、自分の居場所を確保することができますし、看護師同士のチームワークもよくなる傾向にあります。ぜひ、職場の環境、雰囲気、清潔さなどをチェックして、コンサルタントに説明を求めながら、病院選びをされるとよいでしょう。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.