精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 精神科病院の医師の勤務時間

精神科病院の医師の勤務時間

精神科病院の勤務は病院によって様々です。医科系大学や総合病院の場合は、早朝から患者が待っている場合もあり(予約を入れるため)、9時の業務開始時には患者並ぶ状態のところが多くあります。ですが、外科のオペ前の準備などとは異なりますから、しっかり朝食を取って診療に向かいます。精神科の臨床は患者ひとりにつき30分から40分は必要ですが、家族が付き添いで来院するケースも多く、患者のプライベートに立ち入りますので、午前の診療が午後2時前後にずれることも多くなります。

休日は、基本的に土日祝日は全休ですが、土曜日を回診日にするところがあります。例えば、病棟を症例ごとに分けている場合は特にそのような傾向があります。急性期病棟、亜急性期病棟、ストレスケア病棟、慢性期病棟など、病棟管理と家族への説明など、土曜日も忙しい病院もあります。夜間と当直診療、オンコールについては、症例ごとにある場合とない場合に分かれます。ケア内容では、認知症症例病棟と一般精神病棟では処置が異なります。

認知症患者の場合ですが、そもそも家族の気づきがなければ病変は進行していきます。通常家族も本人も認知症の症例は分かるものの、せん妄事例が激しくなってから急性期病院に駆け込む場合は、すでに精神科病院でも十分なケアが出来ない場合が数多くあります。また、徘徊についてはそのリスク評価があるのですが、なかなか知られていない現実があります。ですから、精神科病院で救急指定になっている場合は、当直があるといってもよいでしょう。オンコールについては、通常病院から5キロ以内の住環境を指定される「暗黙の了解」があるようですが、実際は当直でなければ対応できないのが事実です。むろん、看護師も男性の場合が多く、せん妄患者の容態の急変に対応するマニュアルは確立されています。

急性期病棟での勤務で、考えなければならないことはせん妄による食欲の減衰、疼痛、合併症の危険性です。病棟での滞在時間が増加することで、体力を消耗し、感染症や肺炎といった症例が数多く出てきます。こういった場合のケアは、認定看護師との協力がなければ対応不可、というケースがあります。ですので、看護体制がどうなっているか、過去の症例の具体例や、病棟の個々の特徴などをよく把握したうえで、求人に応募するのがよいでしょう。関連大学の力も非常に大きいのが精神科特有です。やりがいを多く感じるのは、勤務時間内でのチームワークを考える医師が多く、家族からの感謝の言葉も、精神科医の大きな支えとなるでしょう。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.