精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 精神科病院の医師の仕事内容・役割

精神科病院の医師の仕事内容・役割

精神疾患の患者数はここ10年で急激な増加傾向にあります。原因は超高齢化社会での「認知症」「脳梗塞発症に伴う脳機能低下」、「アルコール依存、薬物依存といった社会生活への不適応性」そして「うつ、自傷行為、あるいは自殺」といったストレスを主原因とする人々の存在です。また、最近見られるのが「疲労感、不安感」「他科への診療でも原因がわからないため、精神科に通院した」といった人々。

このように、最近は非常に多くの人々が精神科を訪れて来るようになっています。これと同時に、精神科医の存在も重要度を増しています。にもかかわらず、それほど精神科のクリニックや専門病院の数が増えていない現実もあります。これは、精神科の独特な診療にあるものといわれる所以でしょう。

高齢者が多く発症する例が多い認知症については、投薬療法と家族ケア、理学療法士の力を必要とするケースが多く見られます。ですが、精神科医の一番の仕事は患者の臨床心理を追求することであり、患者の容態がどういった精神疾患に分類されるかを把握することとなります。神経系の場合は投薬療法、内因性、外因性の場合は精神療法と投薬療法…と様々なパターンに照らし合わせ、各々のケースに応じた療法を用いることが求められています。

ストレスに起因する、といわれるケースの多いうつなどは精神科医の領域ですが、精神療法を用いる場合があるため、患者と家族が一緒に受診するケースが多くなります。医療現場では、医師の臨床はひとつとは限らず、非常に困難な場合もあるのが実情です。

ですが、現実はひとりの精神科医の手では患者を治療することが困難な場合が多く、看護師、薬剤師、作業療法士などの力が必要なケースがあります。また、国でも地域で高齢化問題を解決すべく、介護保険制度を使って在宅介護を行うことに軸足をおいています。つまり、精神疾患、精神障害の患者に対して、医師と患者、家族だけの社会から、精神科医を介在した社会への発展に変わろうとしています。

そのため、精神科医は臨床医学、予防医学の両面で社会から必要とされる存在となっています。地域医療相談会や市町村主催の精神疾患セミナーでの講師、あるいは訪問介護センターでの訪問医には、精神科医が期待されており、高度なスキルを要する精神科医の需要は高まるばかりです。また、最近では、精神科病棟をカテゴリーに分け、チーム体制でゆとりある環境で受診できる病院が増えています。精神科医の役割は地域コーディネーターとしても重要なのです。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.