精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 精神科医の転科

精神科医の転科

精神科は眼科、皮膚科、産婦人科と並んで「女性医」が多い科ですが、その理由は論理的な推論を行うことではないか、と考える人たちがいます。実際は内科や外科での臨床、執刀における「体力」が女性には不足するのでは、と「女性研修医」に思われてしまうことが正解のようです。では、実際に精神科医は論理的推論の下に臨床を行っているのでしょうか?

実際に精神科医の診療に立ち会った患者の家族に話を聞きますと、医師によって対応が全く異なる、という面があるようです。関連大学が有名私立医科大学の場合、カウンセリングが上手な医師が多い、という話も聞かれますが、実際には大学の優劣には全く差がないどころか、他科の医師にはない「感受性」が武器になる、という方が正解に近いのではないでしょうか。そのため、特に内科からの転科組といわれる精神科医が医局入局することが、最近多くなっています。

内科医にとっての転科でメリットがある、とすれば精神科医になるには内科医のスキルが大いに役にたつ、という事実です。外科であれば、執刀という処置がスキルの代表例です。ですが、精神科では現状回復を目指すのではなく、現状に伴う疾患の可能性にも対処する必要があります。つまり、一次救急も二次救急も継続しているという事実です。特に、せん妄の強い患者は、体力で臨床阻止という行動に出ることがあります。あるいは、服薬拒否という行動に出ることがあります。この場合、もし精神保健指定医資格医ならば、強制的に入院措置を講ずることができ、それによって人権無視として訴えられることはまずありません。この法的な力は、まさに精神科医にしかないものであり、その医療は看護師、臨床心理士ともども逆らうことはできないのです。ただ、注意されたいのは、こうした精神科医の業務はクリニックではあり得ない、という面です。やはり、総合病院や専科の精神科病院の勤務医だからこそできる「業務」といえましょう。

いってみれば、精神科医は「疾患かどうか」を判断することができ(他科の場合は「どんな疾患か」を判定する)、少々無神経であればよいともいえるのです。精神疾患患者をひとり抱えることで、地域住民への影響力があるとすれば、精神科医が最強です。ですから、病変から患者を救うということは、ひとりの命を救うことであり、地域社会を救うことにもなります。そういった意味で、特に精神科専門病院の勤務医は、やりがいのある業務を手にしていると考えて間違いはないのです。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.