精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 精神科専門医

精神科専門医

精神科病院の求人を探すとおわかりかと思いますが、現在全国的に精神科専門医の求人が増加しているのは事実です。厚生労働省が看護師に認定看護師と専門看護師導入を決定してから数年、医療現場での高度医療に対応するための「専門医」も早急に供給されなければならない、との考え方が各科で共通認識として共有されてきました。精神科医は精神保健指定医という名称で、実際に求人の際の必須条件になっており、未資格者には資格取得を目指す医師への応募を勧奨する病院が増えています。理由は単に精神疾患患者の増加に対応するばかりではなく、より多くの社会復帰者を期待する自治体関係者の「財政状況」にも依ります。国としての考え方も共通であり、精神疾患への対処や療法に優れている専門医の活躍で、結果的に地域経済の活性化にも寄与し、地域社会の環境にも良い影響を与える、と確信されているのです。そのため、指定医の場合は一般医よりも能力給を高く評価するのが一般的になってきました。指定医から一般医への担当指名などもあり、病院が一体化となって患者に向き合うメリットが表面化しています。

精神保健指定医の資格申請には、次のような条件があります。精神科で3年以上の実務経験を含む、5年以上の臨床経験の後、指定講習(人権に関する法律などの研修)を受講する。次に、措置入院または医療観察法症例、統合失調症症例、気分障害症例、中毒性精神障害症例、児童思春期症例、老年期精神障害症例、器質性精神障害症例の各々決まっている症例数を自身のレポートにおいて提出しなければならない。この結果審査で合格すれば指定医に認定されますが、現在の合格率は5割程度といわれています。

一般的に専門医、指定医という肩書きから「高度医療実践」を思い浮かべる方が多いのですが、精神保健指定医は他科の医師とは別格であり、法的に「みなし公務員」業務を行うことになります。その趣旨は「精神科医療の対象者(患者)が自己意識に乏しいケースがある」ため、本人の意思に「よらない」入院、もしくは本人の意志に「よらない」行動制限を判定せしめる、というものです。そのため、強制的な入院形態、つまり措置入院や医療保護入院の判定、措置入院の解除などを判定できる権限を持つ、わけです。特に、一次救急が多い救急指定の精神科病院では、指定医の存在が欠かせないこと、そして病院側も指定医の診療報酬には一般医よりも加点が付くことから、的確な医療と経営面での安定の両輪が噛み合うことで、医師の報酬にも反映される形となってくるのです。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.