精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 精神科病院の医師求人の探し方

精神科病院の医師求人の探し方

精神科医に求められているキャリアとして、精神保健指定医の資格が有利になっています。もちろん、未資格者でも求人は多くあるのですが、資格がある場合は勤務当初からの年収が高いケースが多いようです。よく知られた事実ですが、精神保健指定医の受験合格率は50%といわれ、いわゆる「医療スキル」よりも「患者の人権」に関するスキルが求められていることが大きいのです。精神保健指定医になりますと、みなし公務員の資格を与えられますので、臨床と同時に、患者の措置入院、退院についての判断を行う「人権保護者」の役割も果たすことになります。

病院とすれば、精神保健指定医が在籍していることで、患者と家族に医療行為とともに「患者の適正な移送」を説明し、行うことができますので、病院への安心感、信頼感が増すことにつながります。ポイントとしては、「短期入院」「即時退院」という病院側のパンフレットの文面だけでは、家族側の不安が払拭されないことがあることに対し、医療実務経験が豊富で、人権に深く配慮している「精神保健指定医」の説明を加えることで、患者にも大きなメリットを感じることができるのです。

精神科病院の求人には、実際に研修医の求人から、精神保健指定医を募集しているケース、あるいは指定医養成を行っている病院など、様々な内容があることに注目してみましょう。特に、総合病院内での精神科があるケースと、精神科病院がメインとなり、内科や神経内科などが併設する病院では、その特徴が異なっている点も注目です。精神科病院の求人の探し方は、待遇や条件の前にまず病院の経営方針が自分の医療方針に合致しているのかどうか、これを見極めねばならないでしょう。

できれば、どのような分野の患者を多く診療しているのか、これは実際に医療現場に精通するキャリアコンサルタントでなければなかなか分からないと思われます。例えば、精神科医が多く在籍している専科病院でも、特定の患者の担当医に指定するのは医長の指示です。自傷行為を重ねる患者、あるいはうつの症例を持つ患者など、全てが自分の手で治癒させ、社会復帰させることは100%望めないかもしれません。治療方針も投薬に重点を置くか、作業療法士や理学療法士との行動療法(リハビリ)や、心理療法に重きをおくのかは、やはり病院の性格と考えるべきでしょう。転職サイトの求人欄では、病院の情報とともに、地域への精神科医療の説明会などがあるのか、あるいはどういった患者が多く受診しているのかなどを、基礎情報として得ること、そしてコンサルタントに丁寧な報告を求めていくことが必要です。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.