精神科病院の求人サイトランキング

精神科病院求人サイトランキングTOP >> 精神科病院の医師 >> 福岡の精精科病院の医師求人

福岡の精精科病院の医師求人

福岡は福岡市と北九州市に大学関連病棟と、精神科病院が集中している所ですが、特に救急搬送の割合が高いという報告があります。北九州市では、精神疾患の一次救急ケアについて、自治体と病院側での体制が検討を重ねており、特に合併症がないかどうか、という点でも病院側のケアが進歩しているところといえるでしょう。福岡県の資料によりますと、県内では2万床以上もの精神科病床があり、1万人あたりの受け入れ患者数も4人を超えています。これは大都市圏を複数抱える県としては、非常に「ケアがよい」環境といえます。また、大学、医療センターとの連携も取れており、精神科医としても、症例ごとに対処できるバックアップがある、ともいえるでしょう。ただ、気がかりなのが、病床数がここ数年頭打ちになっており、特に75歳以上の高齢者の入院(任意、措置とも)の割合が増えている点です。これは、介護保険制度の導入以来、どの地域でも同じことがいえますが、長期入院に頼らざるを得ない場合には介護施設への移送が必要なのですが、そうした施設が不足していることが立証されているのです。精神科病院の数やその連携さは、急激な高齢化社会には対応しきれていません。ですので、精神科医の役割が今後ますます重要になっている、といえるでしょう。

福岡の求人をみますと、年収が1200万円から2000万円以上というところです。病床数は200前後から600など、病棟ごとに、若年層、障害の種別でケアが実施されています。幼少期で行動療法が整っておれば、一般の小中学校、あるいは高等養護学校への進学が可能になるため、児童思春期病棟のある病院では精神科医のキャリアは非常に大きなものになるでしょう。福岡県では、精神疾患の状態、症例、障害に応じた病院の個性化がはっきりしていますので、目的意識をはっきりさせている医師には、やりがいが感じられるはずです。

求人情報はかなり的を絞った上で、コンサルタントと交渉されるのがよいでしょう。精神科病院の情報は各病院とも非常に気をつかったサイト作り、パンフレット作りに徹しています。特に福岡はクリニック、総合病院と専門病院との個体差が大きいといえます。また、地方都市にいえることですが、患者の年齢層にも注目すべきでしょう。新しい病院と歴史ある病院を見ておくことが必要となります。いずれ患者も高齢化していきますので、精神科医として若年層を診るか、閉鎖病棟でのチーム医療を診る、あるいは認知症に対応するかなど、選ぶべきかオールラウンドに行くべきかなどを、情報を取りながら方向性を決めていくのがよいでしょう。

精神科病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>精神科病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 精神科病院の求人サイトランキング All Rights Reserved.